実は途中だった下北沢の出会い

私は夢を見ました。

実は10日の夜明けかもしれません。

不思議な夢でした下北沢の出会い

たぶん忘れません。

 

私は女性を抱いて歩いていました。

病気に侵され、

彼女は息を切らそうとしていた女性でした。

多分彼女と私は若いです。

私は抱いて歩いていました。

どうやら、

あなたはおそらく人生のない家で時間を過ごしたいでしょう。

 


周り下北沢の出会い

彼女の親類は一緒に歩いていました。

彼女の夫も歩いていた。

親戚は知りませんが

私は彼女と一緒に歩いていました。下北沢の出会い

誰も私に文句を言っていません。

 

途中下北沢の出会い

彼女の反応が減少したとき、

腕を振る。

意識的な反応はありませんでした、

指を弱く握ります。

生きていた。

 


やがて家に着く。

どうやらお店のようです。

トントンと戸口、

カウンター席を出て

後ろの部屋に。

店舗入口左側に、

トイレがあったのを覚えています。

下北沢の出会い

奥の部屋にこたつがあります。

コメント