最後に応援した下北沢の出会い

 

変わらないと思った。

下北沢出会い


でも、最後に一言。

愚かであれコラであれ、私は死ぬ前に言葉を脳に焼き付けたかったのです。

下北沢の出会い


亡くなった約3日後、夜、葬式、送別会で忙しく、式典以外はそれほど悲しくはありませんでした。


とりあえず、一人で大阪に帰ってきましたが、だんだんと実感を持ち始めています。

下北沢の出会い

 


私の祖父は幸運で(私がそれを言うことができるかどうかわかりません)、すべての子供と孫によって世話をされました。

下北沢の出会い

私にとっては、幸運なことに不幸なことに、終わりの奇跡だと思います。

 


祖母はこれからも応援しなくてはならないが、自分が成り立たなければ応援できないようで頑張ります。

 

 

下北沢の出会い

これからは、祖父なしで、今まで経験したことのない人生を送ります。

 


おじいちゃん、ここまでありがとうございます。下北沢の出会い


私はあなたに負けないように生きますので、私から目を離さないでください。
一方
涙がこぼれても
汗ばんだ笑顔で下北沢の出会い
誰も気づかない
だからあなたの涙

コメント