素敵で大事な下北沢の出会い


大事にします...


「5月30日のシーン」

光の粒、注ぐ
柔らかな日差しのメロディー

どこからともなく
しなやかな風の伴奏

草がリズムに揺れる
白い花、紫色の花
みんなのハーモニー下北沢の出会い

木が賑わっています
小鳥が一緒に歌う

日差しを浴びた小川
静かに羽ばたく
眩しい光を振る
軽いメロディーを演奏する

下北沢の出会い

 

自然なオーケストラ
徐々に落ち着く

しばらくしてから
夕暮れの西はささやき始めます下北沢の出会い

 

悲しみの列の道に沿って横に

ゲレンデを走る少年少女の姿
とても笑顔に見えた
 8年間、あなたに」下北沢の出会い

それから8年が経ちましたか?

まだ桜が咲いている季節でした。

 

つぼみのような芽
あなたのかすかな称賛

咲く気持ちを綴る下北沢の出会い
多くのラブレター

始めと終わり
数時間のデート

まだはっきり覚えています。

 

緊張しているから
一気に飲み干すあなた

隣同士に座って近づく

額の汗、前髪
くっついたら...下北沢の出会い

すべてが可愛くて素敵でした。

 

ここにいくら書いても
届かない

コメント