問題のある可能性があった下北沢の出会い


それまで入院と退院を繰り返していた病院に問題があることをいろいろな証言や父親の様子で見分けられました。病院はほこりでいっぱいでした、そして、看護師はそれに対して働いていました。下北沢の出会い看護師のおしゃべりがあまりにも大きくて叱られたと言われています。

そのような看護師は彼らとは何の関係もありません。奇妙な看護師が引き起こすセフレもたくさんあるからです。何らかの理由で、父親は血管内からバクテリアやカビ(カビ:カンジダ)に汚染されています。下北沢の出会い

大学病院の血液循環器内科の医師によると、免疫力が極端に低下しているためカンジダ症などの感染症が発症する可能性がありますが、細菌に加えて真菌(カビ)が血液に混入していると聞きました私がしていたことを聞いていなかったという異常な出来事でした。下北沢の出会い

入院中に父親から連絡を受けた私の妹(おば)の話によると、「毎日、大量の血液が取り出されていて、私は心配しています。見えなくなった」と彼は言った、「心配していた叔母は訪ねてきてびっくりした。

 

下北沢出会い

 

病室が汚れすぎているという。それはきれいにされなかった、そしてそれはほこりでいっぱいだった。 「もしそのような病院にいたら、それは深刻なことになり、人生は危険になるでしょう…下北沢の出会いだから急いで大学の病院に搬送されました。

大学病院では、それは非常に困難でした。その理由は、以前の病院の医療記録は病原体として特定されていないためです。血液学が検査室で検査されなかったことは注目に値します。それで、毎日、私の父がなぜたくさんの血を流していたのか不思議になります。あの血はどうしたの?下北沢の出会い

病原体を特定せずに薬や抗生物質を洗い流したため、心臓弁に付着している細菌や血液に混入している真菌(カビ)を見つけるのに長い時間がかかりました。もともと、元病院の方法はある行為と不信を露呈した。

結局のところ、いくつかの内臓は血液に混入した細菌や真菌(カビ)の影響で損傷を受けていました。
真菌(カビ)の影響や血管間質(血管周囲)からの血流が漏れると、血液が乱れ、血流が悪化します。これは肝臓だけでなく腎臓にも脳にも悪影響を及ぼし、脳内の内出血を引き起こします。下北沢の出会い

コメント