日記に理由を書いた下北沢の出会い


私のおじは微笑んだ

それは笑ってよかったでしょう

私は狼に反応できない

ぼんやりと自分の顔を離れる

私は通り過ぎた

 


たまたま

ニコは私を笑った

そのおじは一日に何回行きますか

今日何本目がありましたか?

なんてバカなことを考えながら

私は家に帰る途中です

 

 

私は最近文章を書いたり読んだりしません

今頭を使う仕事がない下北沢の出会い

脳の表面はますます緩慢になっているようです

私はそのような意味です

下北沢の出会い

それが理由です

久しぶりに日記を書きたい

私は外出しようとしました

下北沢の出会い


結局のところ、ここで多くの恥ずべきことがあります

したくない

私は知っていると私は戻ってきた

 

 

 

私の家に着いたから

話そう

 

下北沢出会い
あなたの一週間

あなたの仕事をありがとう

休日に仕事に行く人

前回友達に連絡しました
夫の苦情は流されない下北沢の出会い
あなたが私に聞くと
言われた言葉下北沢の出会い

「何か…刑務所にいるような人生だよ」

それは私がLOL確信しているのは奇妙だ

うん
確かにそれは刑務所のように見えます

お金や時間に自由はありません
仕事をしている場合は、朝、午後、夕方に食べること下北沢の出会いができます
しかし、監督の役割があります...

コメント