下北沢で出会いがあり人生の願いがみつかる


宗像志子の彫刻のタイトルは、「大雪F」や「文政F」などの最初の数年の作品を除いて、ほとんどが「XXフェンス」と名付けられています。宗像志子の説明によれば、「f」は四国の巡礼がお寺に払う巡礼であり、下北沢で出会い願いを込めて歩く心を表しています。宗像重乃は、一度に一つのフェンスで仕事を願い、彼の人生の道しるべを設定しました。

同じ時代に生きる喜びを分かち合うことで、人との関係を感じることができる人生の巡礼者になりたいです。

画像は宗像志子「ひろひとのフェンス」下北沢で出会い
「春魚」

春菜とヨシトの寝ている肌下北沢で出会い


*東の空が輝く春の夜明け。

 

下北沢出会い
はthanより早い時間を指し、春の朝は遅い。later、夜と夜、暁、曙、朝。
どんなに恋人を愛しても、あなたの心はあなたの毎日の眠りによって引き離されます。あなたが春の夜明けの直前に暗闇にどんなに近くても。しかし、眠らないと人々は疲れます。

最終的には、まぶたの時間になると、肌の白さは背中の滑らかな稜線と明るい空からの光に現れます。

人間の心は夢の中で遊び、体は生きている静物のように美しく見えます。つばきはそれまで沈黙の中で眠る時間です。
演劇風

春風と劇場はまだ立っていますか?下北沢で出会い


*劇場風。下北沢で出会い
特に演劇は、ドラマの開始時に顧客の心を捉え、ドラマの世界観に向けられています。
音楽や舞台、俳優の衣装、最初の対話など、さまざまなものがありますが、風は顧客の心を吹きます。
公演開始直前。下北沢で出会い
講堂の照明が暗くなる瞬間。観客は静かで少し緊張して、劇場の風を待っています。
はるとし

膨張する宇宙の生命ルトモ)

コメント